41歳男性の想い続けることで奇跡を引き寄せた話。幸せでです。

41歳、結婚10年目になります。奥さんとは高校生の時に友達の紹介で出会い、僕からアタックしてお付き合いするようになりました。

17歳から付き合って、僕は大学へ進学、彼女は美容専門学校へと進み、生活がガラリと変わりました。

毎日会っていたのが、週末だけになり、忙しいとデートする頻度が減っていきました。彼女は本当に忙しく頑張っていたのに、僕は、実際はサークルに、飲み会に、羽を伸ばして遊び回っていたんです。

そんな時 、サークルで知り合った女の子と、ノリで遊ぶようになりました。彼女に会えない寂しさを紛らわしている、と自分に言い訳をしながら、だらだらと。女性は勘が良いですよね。ある時突然、別れようと言われ、本当に後悔しましたが、弁解の余地はなく破局。

彼女のことを愛していたことを思い知り、他の女の子と遊ぶのをやめて、彼女に謝りのメールを送り続けましたが、返信はありませんでした。

3か月が経ち、半年が経ちましたが、彼女との幸せな思い出が頭を離れる事はなく、会えもしない彼女の存在がどんどん大きくなっていって、辛くて辛くて堪りませんでした。彼女が他の男と付き合っているんじゃないか?気になって気になって、共通の知り合いに必死に聞いてみたり、近所をウロウロしたり。

今思い出すと、ストーカーギリギリ、だったと思います。僕にチャンスが訪れたのは、登録した婚活サイトで、彼女を見つけたことでした。

気が進まない中、なんとか前に進みたくて登録した婚活サイトで、彼女を見つけるなんて奇跡だと思いました。僕のプロフィールを見て断られることは覚悟して、誠心誠意でメッセージを送りました。その時、僕は有名な企業に内定が決まっていたのです。

彼女を結婚して幸せにしたい。本当に反省している。という気持ちを、素直に書いた記憶があります。

結果として、食事に応じてくれる事になり、僕の気持ちが伝わって、復縁する事が出来たのです。奇跡、といえば簡単ですが、そこに至るまでに、必死で仕事も探し、彼女を幸せに出来る男になりたいと願い続けたことが、復縁を引き寄せたような気がしています。

奥さんにその時の気持ちを聞いたのですが、結婚したいタイミングだった、そして、別れた後に本当に反省してくれていた様子に少し心は動かされていた、ということで、後はきっかけが後追ししてくれた。ということです。

今は幸せで、子供も可愛いです。2度と浮気はしません。一度の過ち、彼女を傷つけた事を忘れず、今の幸せを大切にしていきます

公開日:  最終更新日:2019/08/09

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑