復縁成功体験談20連発 こうして私は元サヤに戻りました

こんにちわ。復縁子猫です。ここでは募集した復縁成功体験談に、その方法で、なぜ復縁に成功したかの解説を加えて紹介していきます。

あなたの復縁に役立ててください。

放っておいたら戻ってきました

付き合いはじめた当初から私が彼のことが大好きだったのですが、彼の転勤をキッカケに遠距離となり、遠距離数ヶ月で別れを切り出されました。理由はほかに好きな人ができたからだそうです。その時はもうその人とお付き合いする段階まできていたようです。

最初の数ヶ月は納得がいかずメールやら電話で復縁を迫りまくっていました。

彼側も悪いのは自分だから…と罪悪感からかメールにも電話にも律儀に応対してくれていましたんですが、ある時急にどうでもよくなってこちらからの連絡をパッタリやめました。

それからしばらくはお互い音信不通だったのですが、数ヶ月経った頃から彼側から連絡がくるようになりました。

もう気持ちの整理はついていてほとんど未練もなかったので、付き合っている時と同じくらいにサバサバと快活に対応していました。

それから数ヶ月後、ヨリを戻したいとの連絡が…。現地彼女ともすでに別れている。とのことです。

すでに心は恋人というより昔なじみの親しい人レベルでしたが、元々大好きだったし、一緒にいて楽しい人だし、
はじめての地方転勤での遠距離で地に足が着いていない状態での浮気~からの別れだったので、今回だけは多目にみてあげることにしました。

復縁してからはとても大事にしてくれるし、全くの音信不通期間は数ヶ月だけでしたが一度きっちり離れてみてお互いの関係を見直せたのは良かったと思います。

これは意図せずに冷却期間を取ったのと、サバサバとした対応にしたのが良かったです。

参考:冷却期間はどんな効果があるのか知ってる?

参考:長距離で元カレに新しい彼女がいたら復縁はできないよね。

こちらにあるように、長距離・新しい彼女の2重苦であっても復縁はできます。

大事なのはあきらめないってことです。

彼女の場合、あきらめるってよりも、未練がなくなってサバサバした対応を取っていたから、彼のほうが追いかけてきたのかなって思います。

一度別れて他の女性を見てみると、やっぱり元カノのほうが良かったっていうケースです。

こういう男性は、もっと自分にはふさわしい人がいるんじゃないかって考えてしまうタイプです。

それでいろいろ見てまわって、最終的に戻ってくる事もあります。

わりあいに復縁しやすいパターンです。

もちろんコレをするためには、条件があるので、上のリンク先とかみて勉強はしてみましょう。

誠意を見せれば復縁することが出来る

若い時に、結婚を考えていた彼女がいました。

自分よりもかなり年下だったのですが、自分とも気が合っていましたし、毎日が楽しかったです。

そんな彼女と喧嘩をして、別れてしまったことがあります。

当時は、後悔してどうしようか、毎日のように悩んでいました。

このままではいけない思い、復縁をしてもらおうと考えました。

復縁はそんなに簡単なことではないと思っていたので、覚悟を決めて臨みました。

彼女に家に行って、話をしたり、電話をしてみたりいろんなことを試しました。

それでも最初のころは冷たくあしらわれてしまい、ムリだと感じていました。

一月ぐらいそういった行動をとっていたら、彼女から連絡があって、会ってもいいといわれたので、
すぐにでも会って話をしました。

そのときには出会ったばかりの二人みたいな感じでとっても新鮮に思えました。

それから、何度かデートを重ねていくうちに、また付き合うようになりました。

そのときの彼女とは結局別れてしまいましたが、一度別れていても、誠意を見せれば復縁は出来るのだと思いました。

ただ、相手が嫌がっているのに復縁を迫るのはどうかと思います。

今回は男性の体験談です。

結局また別れが来ていますが、あきらめずにやって復縁できたそうです。

>復縁はそんなに簡単なことではないと思っていたので、覚悟を決めて臨みました。

覚悟を決めるというのは、大切です。

やれるだけの事はやろうという覚悟がなく、うしなう事を恐れてばかりいると、本当になにもかも失ってしまうものです。

背水の陣という言葉があります。

これは後ろに水(下がったらもう終わり)という状態に身を置いて、物事に望むという事ですが、こうする事で逃げようとする意識がなくなり、戦おうという気持ちになります。

>彼女に家に行って、話をしたり、電話をしてみたりいろんなことを試しました。

ひとつのやり方ではない、いろんなやり方をする事が重要って事ですね。

>それでも最初のころは冷たくあしらわれてしまい、ムリだと感じていました。

冷たくされるのは、あたりまえと考えて、むしろそれでいいくらいに思うことです。

冷たくされてもやってくる誠意に、感情は動かされます。

参考:復縁したい元彼との距離が縮まった事がわかるメールのサイン

メールで相手との距離が縮まったサインがわかるようになると、復縁もラクになります。

あきらめたら、そこで負けですよ。

あと女性はメールでコミニケーションを取ろうとは考えますが、男はメールでコミニケーションを取ろうなんて考えていません。

嫌ってなくても、返信がかえってこない事も多いことを理解しておきましょう。

ほかに好きな人ができたとフラれた私の復縁話

大学生の時に付き合っていた彼に、突然好きな人ができたと言われ、フラれました。

付き合って1年だったのですが、彼と同じサークルの女の子のことが好きになったようで、私が別れたくないって泣いても、もうその子と付き合い始めたとひどいことを言われ、メールも電話も拒否されて、辛い失恋をしました。

失恋直後は悲しみと怒りでいっぱいで、ご飯も食べれず5キロも痩せてしまったのですが、絶対に彼と復縁したかったので、すがりつきたい気持ちを封印し、「諦めます。友達になれると思ったら連絡ください」と一通の手紙を彼のアパートに送って、一切の連絡を絶ちました。

三ヶ月後に彼から「元気?」というメールが来て、大学でも偶然会ったときには少し話すようになり、彼女の愚痴をいわれると優しく相談にのったりなど、彼は「友達」だと心のなかでしっかりと受け入れ、適度な距離を置いて、女友達として1年半過ごしました。

ある日、彼から「彼女と別れた。もう一度付き合った欲しい」と涙を流しながら言われ、復縁することができました。

フラれた直後に怒りや悲しみの感情に支配されて、彼にしつこくすがりつかなくて良かったと思います。

ながいあいだ待って復縁できた例ですね。

復縁に失敗する人は「冷却期間をおかずにしつこくしてしまった」こういうパターンがすごく多いです。

だから大体は冷却期間が必要になってきます。

でもでも。わかっちゃいるけど、冷却期間ってつらいです。

そんな時は冷却期間だけどメールしたい場合の2つのテクニックこういうテクニックを使うと良いです。

これだとムリがありません。

あと

>彼女の愚痴をいわれると優しく相談にのったりなど、彼は「友達」だと心のなかでしっかりと受け入れ、適度な距離を置いて、女友達として1年半過ごしました。

というのもとてもよかったと思います。

ただよかったんだけど、このケースはかなり待ちのケース。だから1年半もかかっています。

男はたくさんの女性と付き合いたがる性質があります。

その間に他の女性が現れていたら、復縁はできなかったかもしれません。

早いうちに復縁して恋愛対象から結婚対象に変わる事が大切です。

方向としては、100点に近いんだけど、もうちょっと上手に攻めをしていくと、3ヶ月とかそれぐらいで、勝負はついていたと思います。

男性心理をよく理解した人は冷却期間を置く必要はない」とかも見てみましょう。

復縁のために自分磨き

4年間付き合っていた彼女に、突然別れを切り出されました。長く付き合っていても、将来が見えてこないかららしいです。

私は当然納得できませんでしたが、いった彼女もいまいちよくわかっていないようだったので、どうにも出来ずそのまま別れを了承するしかありませんでした。

別れてから数日、はじめは彼女のことを腹立たしく感じていましたが、そんな気持ちが冷めてくると、自分は将来についてどう考えていたのかということを、意識するようになりました。

もちろん結婚を前提にしていたわけですが、いつ結婚するのか、プロポーズはどうするのかということを具体的に決めずにここまできてしまったような気がします。

いっそプロポーズしてしまえばよいのではないか、と馬鹿なことを考えてみたものの、今はお互い冷静になるべきだとなんとか思いとどまって、それから私は仕事に打ち込み始めました。

結婚するにしても、ある程度の貯金は必要ですし、家族を得たいと思うのなら、安定したポストに入っていなければならないと思ったのです。

仕事に目処がつくまで3年かかり、その時にはもう既に諦め半分の気持ちでいましたが、彼女が未だにフリーだという話を風の噂で聞き、私はしばらくぶりに会いにいきプロポーズしてきました。

彼女は酷く驚いたようでしたが、しばらく考えたあと、イエスの返事をくれました。

男性の復縁体験談です。

女性のにみて欲しいのは、男が結婚にどういう意識があるかって事です。

>もちろん結婚を前提にしていたわけですが、いつ結婚するのか、プロポーズはどうするのかということを具体的に決めずにここまできてしまったような気がします。

>結婚するにしても、ある程度の貯金は必要ですし、家族を得たいと思うのなら、安定したポストに入っていなければならないと思ったのです。

この部分に男の(結婚にたいする)本質が隠れています。

こういう男は多いです。

たいして女性は結婚を子供の頃から意識しているから、そこですれ違いがあります。

まず女性は、恋愛対象=結婚相手ってなるけど、男は=になりません。

恋愛相手と結婚相手は違います。

恋愛相手には容姿のよさを求めます。

結婚相手には円満な家庭生活を送れるように、協力的で様々な課題に一緒に乗り越えてくれる人を求めます。

この事を女性側が理解しておくほうが良いです。

これが男女間の不幸の始まりです。

これをわからずに、結婚を求め続けたりすると、重たい女になってまずくなるケースもあります。

参考:重い女にならないための3つのポイント

加減が難しいです。

難しいから完璧じゃなくていいから、こういう考えもあるんだなって考えて、ちょっと男の考え方を意識してみてください。

復縁から結婚につながりやすくなります。

必死に復縁した体験について

今までの恋愛のなかで必死に復縁した事が一度だけあります。その時は相手の事がめちゃくちゃ好きというのではなくて普通に好きといった感じでしたが、1年も付き合っていたのであんまり別れたくなかったのです。しかしちょっと別れをきりだされてしまいました。

その後別れてから私はまだ付き合っていたいと思っていたのでここで必死に復縁する決意をしました。その復縁方法ですがメールで必死に復縁したいという気持ちを伝える事をしたんですがメールですとなかなか効果がないと思ったのでちょっと相手の家の前で待ち伏せして想いを伝えようと思いました。

とにかく何度も復縁お願いって何度も何度もいうと相手もとうとう納得してくれました。

恋愛で相手にかなりお願いするという事は今までなかったので、自分はいったい何をしているんだろうとちょっと思いましたが、なんとか辛抱強く言葉で言うと気持ちが届く時があるのだという事が分かりました。

恥ずかしい復縁方法ですが成功する時もあると思います。

復縁おめでとうございます。

自分は好きだけど、相手は私の事好きかどうかわからないって事よくあります。

この方は普通に好きで、あんまり好きアピールをしてこなかった。それが相手には不満だったのです。

という事なのかもしれません。

とにかくあたって砕けろというか、その姿勢が通じたのかもしれません。

あと女性は近くにいる男を好きになる、そしてこまめに連絡してくる人ほど好きになるって傾向があります。

だからなんどもアタックして、近くにいたから、ふたたび好きになったんだと思います。

いまは情熱とストーカーの線引きがムズカシイ世の中です。

そのため割とカケヒキをする復縁テクニックが多いなか、こういう復縁方法は、懐かしさを感じます。

いままでこういう情熱的にあたった事のない彼女にとっては新鮮でよかったのかもしれません。

ただ別れぎわにしつこくしてしまってケースでは、しつこく復縁を迫ると、ストーカー認定される事も多いから、あくまでこういうケースもあるんだくらいに思っておきましょう。

参考:復縁の失敗の原因のほとんどは気持ちの伝え方にある

遠距離からの復縁

当時、私は彼と遠距離恋愛をしていました。 会えるのは月に1、2回が多いほうで、3ヶ月間一度も会えないなんてこともありました。

それでもそのまま2年ほど続いていたのですが、私の環境が変わり忙しくなってしまい、次第に連絡を取らなくなりました。彼も深追いすることはなく、自然消滅と言うことになるのでしょうか。

それから連絡を取ることなく1年ほどたち、ふと私のほうからメールを送ってみました。

返事が来て、本当に何気ないやりとりをし、また一緒にどこか行こうよという話に。 再び会い始めてからしばらくは、以前の関係とはちがい少しぎこちなかったです。

当たり前ですが。 お互いの気持ちをよく話し、また関係が近づき始め、以前よりも頻繁に会うようになりました。

スマートフォンの普及によって、スカイプやラインを利用するようになったのも大きかったのかもしれません。

毎日連絡をしていました。 そんな時を経て、先日彼が私の実家に挨拶に来ました。 遠距離恋愛、自然消滅という経験をしましたが、またこうやって仲良くできているのだから不思議な縁だよねぇと笑いあっています。

遠距離恋愛は自然消滅するっていうのも多いですけど、とても自然に復縁できた珍しい例です。

ここで覚えておきたいのが、自然消滅でも復縁できるってことです。

自然消滅ってすっぱりと割り切っていない分、どこかお互いの心に「ぽっかり」とした穴をあけます。

そのぽっかりとした穴は別の人でも埋めれますが、今回は縁があったのでしょう。

とてもスムーズに行きました。。

いま復縁しようと思っている人の中には、これを見て、じゃあしばらくほっておこうと思う人もいるかもしれませんが、あまりオススメはできません。

いまモテと非モテは、すさまじい格差があります。

モテる人は一生モテル。モテない人は一生モテない。といわれています。

やっぱり彼女のいた人って、魅力的な人が多いから、別の女性があらわれるかもしれません。

そして彼のほうも自然消滅したって経験から、今度は早く動こうって結婚とかなるケースもけっこう多いです。

男って恋愛対象の女性と、結婚対象の女性をわけて考えますから、結婚対象の女性があらわれれば、優柔不断に見えた彼もすぐに結婚するかもしれません。

もちろん遠距離で彼女ができても復縁はできますが
参考:長距離で元カレに新しい彼女がいたら復縁はできないよね。

できていない時のほうが、やっぱりらくです。

縁も放置していれば腐ります。

でもすこしでも動かせば結構なんとかなるものです。

とりあえず一回メールしてみましょう。
参考:元カレがかならず返信したくなるメール 8つのポイントとは?

大学時代の元彼と再会して

大学に入ってすぐに、ファストフードのアルバイトをしました。
そのバイト先で知りあった先輩と、交際が始まりました。

私の失敗も優しくフォローしてくれて、話しやすくて とても気があったからです。
付き合った頃はいろいろと一緒に出かけたりもして、沢山楽しい思い出を作りました。

3年ほど付き合ったのですが、ある日彼の携帯を見てしまいました。
そこには知らない女の子からのメールがあり、浮気をしているような内容が書いてありました。

いろいろ悩んだのですが、私から別れを告げました。
彼は納得していないようでしたが、最後には別れることとなりました。

それから私は就職をして、毎日忙しく働いていました。
彼と別れてから数年たっていたのですが、偶然街で再会したのです。とても驚きました。

再会した彼はとても大人になったように見えました。

一緒にお茶を飲みに行き、お互いフリーだということが分かりました。

懐かしさから連絡先を教えあい、飲みに行きどちらからともなく復縁する事になりました。

数年たってからのまさかの再会…そして復縁って、ドラマでも見ているかのような展開ですね。

一度付き合ったって事は、基本的には、容姿とか性格とかストライクゾーンだし、お互いの事を知っているから、こういう事も珍しくありません。

問題はこの先です。

また同じような事がきっかけで別れるケースが多いです。

復縁する人の中には、別れて、復縁して、別れて、復縁してを繰り返す人が多いです。

以前わかれた原因が浮気だったとしたら、今度も浮気が原因で別れる可能性があります。

理由はお互いの問題が解決していないか、お互いの問題に目をつぶる覚悟をしていない事が原因です。

浮気してしまうのは、恋人がいても「もっと良い相手がいるんじゃないか」って考えるからで、自分の中の理想と現実の差を理解できない精神的に幼い男性によく見られる傾向です。

もしくは「自分がいつか捨てられてしまうんじゃないか」という不安があって、捨てられる前に「他の愛情を見つけよう」と考えて浮気してしまうコンプレックスの強い人もいます。

こういう浮気をする相手の心理を十分に考えて、復縁を目指したほうが良いです。そうすると長く続きます。

スキなら、なんでも乗り越えれるわけじゃないじゃないです。

いくら好きでも乗り越えれない事も結構あって、そういう時は自分が大人になるか。相手が問題を解決するか。

そもそも問題にならないようにしてしまうか。

人は本気になれば、変わる事ができますが、本気にならなければ、変われません。

わかっていてもだらしない生活はやめれないし、よっぽどの事がないと、ふるまいかたもかえれません。

自分が変わろうとする努力もそうだし、見方を変えるってことも必要です。

さっきまで欠点だったものが、見方を変えると長所になるって事も多いものです。

体が大きいのだって、頼りがいがあるって長所になるけど、ぎゃくに可愛くないって短所にもなります。

長所と短所は紙一重なんだという事を覚えておくと、人付き合いってラクになります。

自分の過ちをしっかりと認識すること

昔の人と復縁したいと思う時、ネックになるのが過去の過ちです。
その過ちをどう償うかで結果は変わりますよね。

私の場合、過去の過ちというのは時間配分でした。
要するに仕事優先でいた為、逢う時間などを疎かにしていたのです。
しかも、電話、メールなどもいい加減なものでした。
別れを告げられても仕方ないですよね。

復縁を望んだ私は、まずこまめな連絡から始めました。
実際の所、若干迷惑がられるようなこともありますが、あくまでメール中心です。
なるべく返事がしやすいよう、質問調の内容を書くのです。

変な話、ストーカーとは紙一重ですよね。
相手の感じ方によってはそう捉えられても仕方ありません。
本当に嫌われているとしたら、即止める決意のもと実行するべきです。

後は自分の愛情をどう表現するかにかかってきます。
過去の過ちを改め、また、結論から話すこともしました。
そう、結婚を前提にした話です。

一応今現在は婚約という形になっています。
連絡の仕方、あるいは逢う頻度も前と比べれば倍以上を保っています。

結局の所、表現の仕方さえ間違わなければ、愛情は伝わると思います。

男性女性に限らず仕事を優先にしてしまうと、結構な率で破局を迎えます。

女性の場合、仕事に生きるキャリアウーマンになってしまうと、こういった状況になってしまいます。

今は共働きって言うのが、普通になっているので、仕事は男、家庭は女って役割分担も崩壊しつつあって、男性でも結構家事をできる人も増えています。

主夫なんかもいますね。

恋愛で結婚した夫婦、カップルと言うのは、お互い好き同士っていう前提があるから、この仕事にパートナーがとられることに、拒否感を感じる人が多いです。

熟年夫婦の離婚の原因も30代~40代の頃に、夫が妻の話を聞かなかった。というのが原因であることが多いです。

Drリャンの復縁に失敗する人の残念な特徴などを見てみると復縁に失敗した人の特徴がよくわかります。

以前にあんまりこまめに接触を持たなかった人は、こまめにアプローチをしていくと良いでしょう。

あと男は基本的にマメなやつってすごく少ないから、用件がなければメールにも返信しないもんだって認識しておきましょう。

参考:カレに振られた理由がわからない時の作戦

LINEを使った復縁でうまくいった経験

ある程度長い間付き合った異性が懐かしくなるときってありますよね。

でも、なんとなく連絡を取りづらいのが正直なところ。

そんなとき、LINEのゲームのランキングで順位を登録していると、そこに名前が挙がってきたんです、彼女のアカウントが。

まだ削除していなかったのかと思って、ダメもとでそのゲームで使えるポイントを送信してみました。

LINEのメッセージを送るのはやっぱり気が引けましたので。

その点、ゲームの中だとそのポイントを無視してもいいし、言葉のメッセージも要りません。

それをキッカケにLINEのメッセージのやり取りも再開し出会いにつなげることができました。

フェイスブックの友達申請よりも心の負担はグッと減りますね。結局いろいろありましたがお互いシングルだったので、無事に復縁しました。

交流がない間に経験した様々な出来事が結果的にお互いを気遣うという心の余裕を産んだようです。

別れる前は自分勝手だった思いが、自然と相手を思いやるような気持ちになりました。

この辺りの感情は復縁だからこそ得られるものだと思いました。

フェイスブックの友達申請よりLINEのほうが心の負担が低く、それがキッカケで復縁につながったという男性の例です。

彼のばあい、特に復縁工作をしようと思っていたわけではなく、ほんとうにタマタマだったみたいですね。

たまたまだったけど、ダメもとでアタックしてみた。

別れてからの期間で、お互いに大人になった事がよくって復縁できたというケース。

ただ彼の方はタマタマ感があったのかもしれないけど、彼女のほうもまだ削除していなかったというのも、彼女のほうもまだ未練があったのかもしれませんね。

好きな人に、たまたまあった風によそおうために、好きな人が行きそうなイベントに、わざわざ出かけるってこと。ってありますよね。

そういう風に出会いをうながして、気にさせるっていうテクニックもあります。

ずいぶん期間があいた復縁の場合、こういう出会いを演出するテクニックが使えます。

お互いにシングルだったら、また付き合おうか?ってなる事も結構あります。

このばあい特に冷却期間をもうけなくてよいから、楽でもあります。。

ただこの場合、お互いに成長していたっていうことが重要で、成長していたなかったら、長く続くことはありません。

あとこの事例で参考になるのは、ポイントを送信したってこと。

男って釣った魚にはエサはやらない。って言うけど、釣ろうと思っている魚にはエサをやるわけです。

だから元彼から、別れたあとに何かプレゼントをもらった事があったとすれば、それは復縁可能性はガンと上がるって考えて良いです。

表面上のふられた理由と本当の原因をわけて考えると復縁しやすいも参考にしてください。

まさかの復縁話に頭は真っ白…。

私は今年のはじめ、色々と夫婦間で問題があり離婚をしました。

子どもは小学生と、保育園児の二人いましたが、どちらも奥さんが親権を持っていましたので

悔しい気持ちもありながら子子どもとも一緒には暮らせないことが決まりました。
ですが、3ヶ月経ったくらいのある日のこと、突然元奥さんから携帯に電話がきました。

やっと色々なことを吹っ切れた時期でもありましたので、あまりこの電話には出たくありませんでした。

ですが、何度もかかってくる電話、さすがに「子どもに何かあったのか?」など
心配になり出てみました。

すると、思いもしない言葉を伝えてきました。
「子ども達が寂しがっているし、色々考えたんだけど、私にも必要だからまた一緒に暮らさない?」
と言ってきたのです。

正直、一生会えないくらいの別れ方をしましたので意外過ぎて、最初頭は真っ白でした…。

ただ、私の気持ちが落ち着いた今、心のなかでは
「今なら今回の件を教訓にしうまくやっていけるのではないか?」と感じていました。

そして後日、実際に久し振りに元奥さんに会い、奥さんの親立会いのもと
改めて今後どうするのかを話し合いました。

結果、距離をおいて分かりあえたこともたくさんありましたので復縁することとなりました。
今では夫婦喧嘩などは少なく子ども達の心も落ち着いていて、
復縁したことは良かったことだと感じています。

今後、また難しい壁にぶち当たることもあると思いますが、
ひと呼吸入れて、前向きに支えあっていきたいと思います。

離婚からの復縁事例です。

>正直、一生会えないくらいの別れ方をしましたので意外過ぎて、最初頭は真っ白でした…。

一生会えないくらいの別れからの復縁とか実際にあります。

別れてはじめて気付くことって、女性も男姓も多いものです。

こんな良いとこがあったとかね思い出すってこと。

男姓の場合、家事全般を手伝うとか、やる人って少ないから、離婚してから、奥さんの大変さに気付く人も多いです。

女姓の場合、長い間専業主婦をやっていると、働く事を忘れている人が多いから、1万円稼ぐ大変さを忘れていて、離婚してから旦那さんの大変さに気付く人も多いです。

離婚から復縁を理由としては、男姓は家事などの生活の困難さを理由にあげて、女姓は給料を稼ぐ大変さを理由にあげます。

お互いに大変さをよく理解していたのなら、離婚という悲しい結果を残さなくてよかったのにね。とよく思います。

女性と比べて、男性は悲しみを軽くすることが苦手です。

だから振られた相手のこと、振った相手のことをいつまでも思っています。

女性は悩みなどを友人などと共有するのに対して、男性は常に競争社会にいるから、誰かと悩みを共有することはしません。

パートナーに自分の悩みをいわない。これは男性と女性の大きなちがいです。

「会社で何か嫌なことがあった?」って聞かれると「なんでもない。大丈夫」と答えるのが男です。

いつでも余裕で頼れる男を演じなかればいけない。っていう社会的なイメージがあって、でも本当の自分はというと、頼りない男だったりする。

その理想と現実のギャップに、押しつぶされそうになっている男性が多いので気付いてあげて欲しいですね。

そういう事に気付いてくれる女性がいると、男はひかれるものです。

参考:ふった元カレと復縁ってできる?

感謝の気持ちを伝えて復縁できました

復縁を成功させたいのなら、私の経験ではとにかくある程度の期間は相手と一切連絡を取らないことが大切だと思います。

「また会いたい」「やりなおしたい」とメールしたり電話したりするのは逆効果です。

辛い気持ちでしょうが、ここはぐっとこらえて、他の好きなこと等をして気分転換をしましょう。

あるいは、仕事に打ち込んでみるのも悪くないと思います。

何もしないで相手のことばかりひたすら考えてしまうのは、一番いけないパターンです。

そして、ある程度時間が経ったら(私の場合は一年くらいでした)、改めて相手にメールしてみましょう。

メールの内容については、復縁したいなど未練がましいものではなく、「今までありがとう」といった感謝を伝えるものが好ましいです。

とはいっても、本心から相手に感謝していない場合は、メールを送らない方が良いでしょう。

私は別れた後、失恋のショックになかなか立ち直れなかったのですが、しばらく時が過ぎると別れた相手を恨む気持ちよりも、色々な意味で彼に感謝したいと思うようになり、素直に自分の気持ちをメールしました。

すると、彼から「また会いたい」と電話がかかってきたのです。

実は、私自身は復縁する気でそのメールを送ったわけではなかったのです。

相手を恨んでばかりいた自分ではなく、彼に感謝している自分に気が付き、少しでもその気持ちを伝えたいと思っただけでした。

それが、思いがけず復縁につながるなんてまったく予想外だったのです。

別れてから時間が経ち、それでもなお元恋人に感謝している自分に気が付いたら、ぜひ上記の方法を試してみることをお勧めします。必ず復縁が成功するかは保証できませんが、自分の想いを相手に伝えることには意義があると思います。

このように感謝の言葉を伝えて、復縁できたってケースは実は結構あります。

参考:元彼に感謝のメールを送って復縁した例ってあるの?

男性に限らず、自分が相手の為を思ってやったことが、伝わっていないってショックですよね。

人は優しくしても、へんとうがなければ寂しいとおもう人が多いです。

とくに見返りを求めていなくても、「ありがとう」とか言われたいんですよね。

感謝の気持ちってすごく大事です。

振られたって人は、どこか感謝の気持ちのなくなってたという人が多いです。

感謝しないから、彼は自分がいらない人なんじゃないかって不満になります。

そうすると相手の事を嫌いになってきます。

いつも必要とされるってすごく重要です。

失恋して、失ってはじめてわかることってたくさんあります。

彼との間がマンネリになると、彼の存在の暖かさとか、大事さがわからない時が来ます。

あたりまえすぎる空気みたいな存在。

空気ってなくなったら死にますよね。

インパクトはないかもしれないけど、すごく大切なことです。

あとこのケースでは1年間の冷却期間を空けています。

これはすこし長すぎるかなって思います。

もうちょっと色々とテクニックを使っていくと、こんなに冷却期間は必要ありません。

参考:冷却期間はどのくらい必要なの?ケース別に解説「冷却期間が逆効果な場合も」

復縁は焦らずに

2年付き合った彼と大喧嘩。

喧嘩の理由は些細な事だった。彼が記念日を忘れた事に対して、私が怒ってしまった。

私は「もう別れる」と言って、その日は家に帰った。

自分はいつもの喧嘩のつもりでいたので、次の日に彼に何気ないメールを送ったら、返事が来ない。不安になり彼に電話をかけると「もう別れたから」の一点張り。

そこからはメールも電話も一切彼から返事が来なかった。

そのまま私たちは別れる事になってしまった。

どうしてもあきらめきれない私は、彼と復縁できる様にがんばった。

しばらくは彼に何の連絡もしなかった。

そして半月が過ぎた頃、彼の会社で仕事帰りの彼が出てくるのを待ち、せめてメールだけでも返事がほしいと伝えた。

それから平日だけ何気ないメールを送った。復縁については一言もふれなかった。

そんな関係が3ヶ月位続き、はじめて彼に会いたいことを伝えて会う事ができた。

そこで彼にけんかについて謝った。でも、そこでも彼に復縁をしたい事は伝えなかった。

その後しばらく友達以上恋人未満の状態が続き、喧嘩別れから1年位して彼と復縁する事ができた。

彼が記念日を忘れてケンカ…こういうケースすごく多いですよね。

腹が立つ気持ちはわかります。

でも。そもそも男は女性と比べて記念日を覚える能力が弱いです。

この記念日を覚える能力は、エピソード記憶といって、このエピソード記憶の形成に関わると考えられている脳の「海馬」という部分が男性は女性より小さいのです。

だから覚えれない。

そして女性は記念日だけでなく、記念日におこったエピソードまで記憶していますよね。

これはエピソード記憶に感情が含まれているからです。

でも海馬が小さい男にはさっぱり記憶がないもんです。

自分は記憶しているのに、彼は記憶していない。

これは私に興味がないからだって気持ちになって怒るけど、能力が違うんだから、それはムリもない事です。

この海馬の大きさによって、エピソード記憶のできる量が差あるのにプラス、女性は色々な記念日を作ります。

すこし古いけど、俵万智さんの短歌
「この味がいいね」と君がいったから七月六日はサラダ記念日

のサラダ記念日なんて良い例です。

こういう記念日を感情のおもむくまま作るから、さらに男は混乱します。

こんな記念日を彼は絶対に覚えていない。覚えることができません。

だから「今日なんの日か覚えている?」って聞いてはダメです。

いうんだったら「今日は○○の日だからありがとうって言いたかったんだ…。一年間ありがとう」

ここいいましょう。
こういう女性に男は惚れます。「なんかめっちゃかわいいやんか~!!!」って。

エピソード記憶は男女差があるので、エピソード記憶を男性に期待するのをやめましょう。

復縁に成功した話

専門学校に通っている時、2ヶ月ほど付き合っていた彼女がいましたが、わがままが過ぎることと、ほかに気になる子ができてしまった為に、別れることにしました。

その後も彼女とは友達付き合いは続けていました。

半年ほど経って、僕は気になっている子に告白をしましたが、フラれてしまいました。

悲しいんでいる時に、彼女はがやってきました。

今でもあなたのことが好きだと言われました。

とりあえずだとしてもいいから、やり直してほしいと言われました。

フラれて傷心中にそんなことを言われてしまっては、クラッときてしまいました。

そのまま、彼女はと復縁することになりました。

最初はそこまで好きではいられなかったのですが、その後も一緒にいることで、気がつくと大好きになっていました。

結局彼女とはかなり相性がよかったようです。

その後、彼女とはとは2年以上付き合うことになります。

その際同棲をすることもありました。

今は別れてしまいましたが、今でも彼女とは仲良くしています。

一度振った彼女に失恋中に「復縁」を求められ、復縁したってケースです。

男は女性にくらべて失恋のショックから立ち直れにくいものです。

イギリスの社会学者パートリーが18~23歳までの未婚の男女1000人を対象に調査したところ 「失恋のショックは男性のほうが大きい」という結果がでた。

だから振られた後にアプローチされると、クラットきやすいです。

これには色んなこころの動きがあります。

振られたことで、自尊心が崩壊しているときに、好きっていわれると、何倍も効果があるとか

振られてショックだったから振られた人の気持ちがわかって、とりあえず付き合おうと思うとか

自分がその子が好きだからというより、好きになってくれたから、付き合ってみようみたいな感覚だね。

女性は付き合う相手=結婚相手という認識がある人が多いから、こういう感覚で男性と付き合うことはないかもしれませんが、男は結婚は別として、付き合うのは「ストライクゾーンならOK」ってところがあります。

参考:男にとって恋愛と結婚では女性選びの基準が違う

男はこういうときに来られると復縁するケースが、結構多いかもしれません。

そして付き合ってはじめてお互いの事をじっくり知る事ができます。

本気でつきあって、いろいろ好きなこととか、趣味とか、考えていることとか、夢とか話しをしないとわかりあえませんしね。

このケースでも2ヶ月で別れたのに、そこから同棲まで行っています。

いろいろと話をして、良い部分も見えるようになってきたんだね。大人になったのでしょう。

彼女の接し方もよかったのかもしれません。

残念ながら別れが来たようだけど、また復縁とかありえるんじゃないかなと思います。

結局のところ容姿とか、そういうのも大きいけど、最終的には相手に対して、どういう対応をするかって部分が大きいです。

彼がウレシイとおもう対応をすれば、復縁の確率は上がります。

参考:同棲していた元カレと復縁するのは難しいかな?

復縁したい相手との接し方

今の旦那様とは実は一度別れています。

もともと遠距離恋愛中の彼女のいた彼と仲良くなり、彼女とはもう別れているようなものという曖昧な言葉を信じ付き合いを始めました。

3ヶ月後、彼の様子が少しよそよそしくなりました。

不安になり彼に尋ねたところ、彼女と彼女の親から連絡がきた。またもとの様につき合って欲しいと言われ、自分のなかで迷いが生じていると。彼女の親には世話になったし、無下には断れないが私のことも好きだ。少し考えさせて欲しいと。

かなりショックを受けましたが、私がそのときに出した答えは別れでした。

私にこの話をする時点で気持ちが向こうに傾いていると思ったからです。つらくて毎日泣いて過ごしましたが同じ会社に勤めていたため、彼の姿を毎日見なくてはなりません。何事もなかったかのように接し、彼も彼女とよりを戻した様子でした。

でも、結局すぐにうまくいかなくなったらしく、また彼から連絡が来るようになりました。

今更と思いつつ、まだ好きだったので復縁、その後結婚しました。

さらっと相手の元を去るというのも、相手の心に残る手かもしれないですね。今では、何かしでかしたらすぐに捨てられてしまうと思っているみたいです。

未練を断ち切ってうまくいった例です。

元カレとの復縁で未練を見せないとうまく行くイジワルな心理』でも未練がダメだよって繰り返し書いていますが、未練をなくするのは、本当に効果が大きいです。

未練を見せると、相手が逃げるっていうのもありますが、未練を見せないと、逆にあれ??ってなるところもあります。

「逃した魚は大きかった」って言葉がありますが、あっさり引いてしまうと「本当にこれで良かったのか?」って不安になるのです。

そこに元カノの重たさがきいています。

元カノが使った親を使うっていうのは、かなり重いです。

そういう状態からだと、男は逃げたくなります。

そして逃げた結果、戻ってきたのは、未練を見せなかった彼女のところだった。

ということです。

彼女が本当に偉かったのは、泣いてすごしながら、何事もなかったように接したことです。

物事は、思っているのと逆に向かうことが多いものです。

たとえば営業では、お客さんに商品を売ろうとしてはいけない。自分を売れっていいます。

また営業では売りが見えるのはダメって言葉を使います。

売りが見えちゃうと、お客さんが警戒するからです。

逆に売る気がないのかな?ってお客さんが思うと、逆に売れるみたいなところがあります。

営業だから商品の説明とかもするんだけど、結局買ってくれるお客さんは、商品の説明とか聞いていなかったりします。

あなたのいう商品だったら、まちがいないよねとか。

売れるってそんな感じです。

これなんかまさに、売りが見えなかったから成功したという感じですね。

未練と涙は見せないっていうのが、大事ですよ。

一度距離を置いて冷静になることも大切

私は復縁に成功し結婚しました。今では旦那と平和に暮らしていますが、結婚する五年前に一方的に別れを告げられました。

結婚を半年後に控えたときで、さすがに私の両親も心配して旦那に事情を聞いたくらいです。

別れの原因は、私の監視が厳しすぎたからでした。

それは結婚前のいわゆるマリッジブルーという不安状態がエスカレートした、それはひどい状態でした。

このことは別れてから数カ月後の、冷静になった状態で話し合ったときに旦那の口から聞きました。

突然の別れの後、数日は泣いて暮らしましたが、やはり前向きに考えなければと思いどうしてこうなったのかをよく思い返してみました。

これはとてもつらい作業です。

楽しい時期も、私の悪い面もすべて思い出すからです。

それでも「やり直したい」そう思いました。そしてその気持ちをもう一度伝えました。

伝えるだけではなく、私自身も変わろうと努力しました。

私自身が変わると、なぜだか旦那の方も変わり、ギスギスした空気から笑える空気に変わり始めました。

そして「結婚できなくても、一緒にいて笑っていられたらそれでいいや」と思い始めた頃再び旦那から「結婚したい」と告げられ、現在は夫婦となり暮らしています。

一度結婚を取りやめ、周りには心配と迷惑をかけましたが、一度距離を置いて冷静に自分を見つめ直すことも大切だと思いました。

今でも小さなケンカはしますが、必ず冷静になるよう心がけています。

男性のマリッジブルーについて書かれた珍しい体験談です。

男は「結婚生活を円満に送れるかどうか?妻を養っていけるか」とプロポーズ前に不安になります

参考:女性と男性のマリッジブルーのちがいを知ると幸せな結婚に一歩近づくよ

女性のマリッジブルーは有名なので、わりと対処されるのですが、男性のマリッジブルーはほとんど知られておらず、対処もされないので、男性のマリッジブルーが原因での別れも多いと思います。

>別れの原因は、私の監視が厳しすぎたからでした。

とありますが、厳しい監視というのは、逃げ場がなくなるので、マリッジブルーの時期はとくにツライです。

また男女差として、女性は自分の考えを人に話して解決していくのにたいして、男はひとりで考えて、ひとりで答えを出す傾向があります。

いままで自分が彼に相談したのと、彼に相談されたのを比較すると、どっちが多かったですか。

彼からの相談は少なかったと答える方が多いと思います

だいたい男はひとりで考える傾向にあります。

私も最近は2人で考える事もずいぶん増えましたが、95%以上は自分で考えます。

「なんか相談すると余計なこといわれてゴチャゴチャする」という男が多いです。

あと男の悩みは、ほとんどが仕事ですから。彼が悩んでいたら、そっとしておいて、だまって、うまいメシでも作ってあげるのが、一番でしょう。

このひとりで考える時間が男性には大切で、この時間がないと男性は決断できません。

結婚すると考えたとき、監視がキツイ状態だと考えれないし、この先ずっとコノママだったら辛いと男は逃げ出してしまいます。

だからそっと影から支えてあげるのがベストですね。

>私自身が変わると、なぜだか旦那の方も変わり、ギスギスした空気から笑える空気に変わり始めました。

対人関係は鏡のようなものです。だから復縁するには、彼が復縁したいと思う人に変わらないといけない。

彼女が変わったことで、彼もすーっと楽になって、これだったらやっていけるって考えたんだと思います。

男女のケンカは多くの場合、性差によるものです。

男と女のどういった部分の考え方が違うのか。よく理解しましょう。

参考:重い女にならないための3つのポイント

復縁に成功した体験談

私は高校時代に付き合っていたけれど、大学時代に別れ、社会人を経て、よりを戻した経験があります。高校時代は約1年半の間付き合っていました。

もともと仲も良く、お互い良い友達という感じでした。

大学はそれぞれ別々のところに行くことになり、慣れない遠距離恋愛が二人の間に大きな溝を作っていきました。

あまり会う余裕もなく、連絡が取れない日もしばしばです。

二人が別れるのにたいした時間はかかりませんでした。

大学時代、私は違う方と付き合おうと努力しましたが、結局元カノを忘れられずにいました。

元カノと出会えたのは社会人1年目に開催した地元の同窓会です。

彼女もどうやら私と同じで、ずっと思いを寄せてくれていたようです。

別れた理由は私のためにと…。

私はその場ですぐに決断しました。

もう一度付き合おうと率直に伝えました。

現在、私はその方と結婚し、二人の子供がいます。

復縁はきっかけと行動力が鍵だと思います。

相手の気持ちをしっかりと見極め、些細なチャンスは絶対に逃さないという心掛けが実を結ぶと思います。

遠距離恋愛で、まず問題になるのは、電話・メールに対しての男女差です。

大きな原因が、男性は長電話や用件以外のメールはしないのに、女性が電話・メールが好きなことです。

参考:女と男の電話・メールについての考え方のちがいがわかれば付き合いが楽になるよ!

付き合って間もない時は、相手の事を知るために、長いメールもしますが、付き合って長い彼女との長電話やメールは私も苦手です。

付き合った当初と、その後のメール・電話の頻度。

このギャップで女性はあせりだします。

そうしてパニックになって余計な事をいって振られるというパターンが長距離恋愛は多いです。

これに+新しい女が加わってくると、さらに絶望的です。

ほとんどの男性は女性がパニックになったら引きます。

そこに新しい女があらわれたら、そっちが気になりだします。

長距離恋愛は、そういうパターンが多いです。

復縁にはパニックが大敵です。

あと男が長電話・メールが好きじゃないのは、男はビジュアルが見えないと、脳が刺激されないからです。

男性誌の表紙がグラビア女優やアイドルなのも同じ理由。

遠距離だったら、脳が刺激されるテレビ電話とか、ビデオチャットをするほうが良いと思います。

それならビジュアルで刺激されるから、長続きします。

もちろん会って肌と肌を触れ合わせるほうが良いですね。

これはテクニックじみた事はなにも使っていないから、ほんとうに運が良かったというか、運命だったと思います。

難しそうな復縁でも、どっかに糸口はあります。

あきらめなければかないます。

自分を変えて復縁した話

私は高校生の時から交際していた4歳上の彼氏がいました。

彼とはSNSで知り合い、当時年上の男性と知り合うことがなかった私にはとても大人に思えました。

しかし付き合いの期間が長くなるにつれ、だんだん彼にとって高校生の彼女は扱いやすい存在だという事に気づかされました。

彼は私以外にもSNSで知り合った女の子と遊んだり、浮気をしていたのです。

彼に依存していた私は、門限を破り、彼を束縛し、浮気しないでと泣いて懇願しましたが結局彼の態度が変わるのははじめの数週間だけで、その後はまた浮気・・。

そんな生活が3年間続き、私が社会人になると、彼から急に別れを切り出されました。

どうしても彼と復縁したかった私は、徹底的に自分磨きをすることにしました。

慣れない仕事を頑張り、美容にも心がけ、寂しくて連絡してしまいそうになったときは恋愛関係の本を読み、気がつくと1年たっていました。

不思議と彼への依存は消えていて、自分に自信が付いたので、彼に連絡をしてみました。

すると彼も少しは気にかけてくれていたのか会うことができました。

久しぶりに会う彼は全く変わらず、むしろ以前より優しくなった気がしました。

彼も私の変化に驚き、また交際が始まりました。不思議なことに自分に自信がつくと依存することもなくなり、過去を知っている彼はそれを不安に感じたのか、やたらと必死に愛情確認をしたり、プレゼント攻撃をされました。

でもそこで、大した男じゃなかったと気づかされ、私から別れを切り出しました。

あれから7年以上たち、私は別の堅実な男性と結婚し、子供も生まれましたが、その彼からは今だにいつまでも待っているという怖いメールが届きます。

かなり浮気性な男性で、こういう男は絶対復縁はムリだなって思いがちだけど、そんな事もありません。

参考:浮気男の特徴からわかる二股していた元カレとの復縁方法

浮気男ってカッコイイ男とか、マメな男が多いです。

だからもてるんだけど、そういう彼を持つと、苦労します。

でも浮気は人それぞれ違って、男でも他の女の子と遊びに行ったとしても、その子と付き合っているとか、肉体関係がかならずあるってわけでもありません。

シンプルに友達関係ってこともよくあります。

私も彼女がいながら、女友達の恋愛相談とかのっていました。

そういう例外もあります。遊んでそうで、遊んでない奴がたくさんいますしね。

ちなみに逆にマジメで遊んでなさそうなのに、超浮気する男とかもいます。

このケースは彼女のほうが、自分磨きをしたことで、彼を見限って他の堅実な男性を選んだのだけど、これは良かったんだと思います。

浮気男が一生そのまま浮気男とも限りませんが、堅実で自分だけ見てくれる男性のほうが楽ですからね。

こういう堅実な男性は、あまり面白みはないことが多いけど、お金では苦労しませんね。

あと「いつまでも待っているよメールは」男って失恋で女より傷つくからです。

イギリスの社会学者パートリーが18~23歳までの未婚の男女1000人を対象に調査したところ 「失恋のショックは男性のほうが大きい」という結果がでた。

私は結局女の方が強いと思います。

自然消滅をして別れた恋人と復縁しました

どうしても別れた恋人を忘れることが出来なくて復縁を迫ったことがあります。別れてから凄くいい人だったことに気づいて復縁をしたくなったのです。

お互いに慌ただしい生活をしていたので自然消滅をしてしまったので別れる時に悪い感情は無かったのです。他の人と付き合うことを考えたりもしましたが別れた恋人が自分の理想の人だということに気づいたのです。

自分から連絡をしてまた付き合いたいという話を切り出しました。相手はすぐには返事をくれずに考えたいということでした。すんなりオーケーをもらえないことも予想していましたし連絡が取れただけでも良かったなと感じました。

すぐには復縁をすることができなかったのですが会って話をしたりするようになってと少しずつですが距離を縮めていくことができました。お互いにうまくいくように意識をしすぎていたのか最初はぎこちなかったのですが段々といい雰囲気になって復縁をすることができました。

結果的には望み通りに復縁をすることができたのでとても良かったなと思っています。

自然な形で復縁できた例です。

理由がお互いの忙しさからの自然消滅だったというのが、よかったんだと思います。

とてもシンプルでキレイな復縁です。

こういう自然消滅の場合は、この例のように自分から「復縁したい」ってストレートにいったほうがよいと思います。

とくにテクニック的なものはいりません。

あえて言うのなら「男性心理と女性心理」のページで、男性と女性の考え方のちがいを見ておくと復縁もスムーズでしょう。

たとえば男性って女性のように、友達とかと相談しながら物事を決めるって事はなくって、ほとんど自分ひとりで考えて決める事が多いです。

ほかにも男性と女性の考え方のちがいってあります。

そういう男女のちがいがよくわかっていれば、強いですし、男性とのコミニュケーションで悩む事はすごく減ります。

私も男女の考え方のちがいを勉強をしてから、女性とのコミュニケーションで悩むことは激減しました。

もし1回復縁を申し込んで振られたとしても、一度わかったと引いて、友達関係からやりなおして、復縁工作をしはじめれば、いずれ復縁はできるんじゃないかと思います。

そのときには、すんなりわかったと引くことです。
元カレとの復縁で未練を見せないとうまく行くイジワルな心理」にあるように、未練を見せると復縁がむずかしくなります。

彼と復縁するまでの私

とても好きな彼と突然別れることになり、私の体は凍ったように動かなくなりました。

3年の間少しずつ信頼関係をきづき、愛を育んできたと思っていたので、それまでの自分の生き方までも否定されてしまったような気持ちになりました。

1年が過ぎ、2年が過ぎても私はいつまでたっても彼のことが忘れられずにいました。

共通の知り合いに彼のことを聞いたり、噂で彼がいるところを聞くと偶然を装って出かけてみたりと、とにかく復縁を待ち望む日々でした。でも、こればかりは私一人の気持ちだけではなんともなりません。

私は数々の偶然を装った再会で、彼に少しづつ今も好きだということをアピールしてゆきました。でもダイレクトに伝えては効果がないと思い、必ず別れぎわに彼が印象に残りやすい一言を言うのです。

たとえば、今好きになりそうな人がいるけれどいままでの恋愛の気持ちとは違うとか、もう本当の恋ってできないんだろうなとか、何気に彼との恋が最高だったという事を伝えるようにしました。

それが効いたのかわかりませんが、彼は私を心配してかまたやり直そうと言ってくれたのです。

本当に失いたくない人との復縁を望むのであれば、したたかに、でもしつこくなく、そして少しづつ気持ちをだしてゆくことが成功に繋がるのではないでしょうか。

いいやり方だと思います。

参考になる人も多いじゃないでしょうか。

男性って女性に認められてほめられることが一番うれしいから、この言いかたは効いたと思います。

3年間付き合っていての別れだったのだから、彼のなかでなんらかマイナスがたまっていったのか、ほかに好きな人ができたのかはわかりませんが、このほめかたはボディブローのように、ジワジワ効いていったんでしょうね。

粘り勝ちだと思います。

>したたかに、でもしつこくなく、そして少しづつ気持ちをだしてゆくことが成功に繋がるのではないでしょうか。

こういうところはあります。

危険なのは、あふれる思いを一度にすべて出してしまうこと。

未練とかも同じなんだけど、これをしちゃうと男が逃げていくことが多いです。

結局のところ復縁に成功する人も、失敗する人も思いは同じです。

未練もあるし、あふれる思いもあります。

たとえるなら水みたいなものです。

ちょろちょろ流したら、それは飲めるけど、多量に流れてきたら洪水になってしまいますよね。

ゆっくりとちょろちょろと愛を出していきます。

それがコツです。

参考:元カレとの復縁で未練を見せないとうまく行くイジワルな心理

復縁に成功した時のことについて

復縁に成功した時のことですが、当時は4年間ほど付き合っていた彼女がいました。

彼女とは良い関係を築いていたと思っていたのですが、長くなればなるほど家族のようになってしまうので、どうしてもマンネリの状況になってしまいました。

そうしていると、急に彼女から別れを告げられてしまいました。

私としては彼女のことが好きだったので、別れたくないといったのですが彼女の気持ちは固かったです。

そして別れることになったのですが、私としては復縁するために努力することにしました。

まずはすぐに復縁をしようと言うのではなくて、まずは時間を置くことにしました。

冷静になってからの方が、相手のことを考える時間があると思ったからです。

そして彼女の友人にも協力してもらって、極力私の話題を出してもらうようにしました。

そうすることで私のことを忘れないようにするためです。

結局別れてから3か月後に復縁をしたいと言うと、無事復縁することが出来ました。

これは男性の場合ですが、とても良い復縁例です。

まず別れぎわですが、別れたくないと言われて抵抗していますね。

ここでしばらくしつこくしてしまう人が多いところですが、それはNG。

そこで彼は冷却期間をおきました。

そして彼女の友人に協力をお願いして、彼の話題を出すようにしてもらいました。

参考:冷却期間はどのくらい必要なの?ケース別に解説「冷却期間が逆効果な場合も」

この行動で彼女の中には「わかれたのがまちがいだったかな?」という気持ちがわいてきました。

そこで3ヵ月後に復縁を望んでOKしてもらったという流れです。

復縁としては割とスムーズにいくパターンですが、一つ注意があります。それは

>当時は4年間ほど付き合っていた彼女がいました。彼女とは良い関係を築いていたと思っていたのですが、長くなればなるほど家族のようになってしまうので、どうしてもマンネリの状況になってしまいました。

この当時の状況が詳しくはわからないのですが、おたがいに新鮮さがなくなっていただけで、性格的に嫌われていたとまでは言えないんじゃないかなという事です。

別れを告げられる状態というのは、わりと嫌われた状態の事もありますから、そうなっていると、冷却期間+お友達作戦だけではうまくいかない事もあります。

自分のケースと照らしあわせて、彼がこの方法でOKだったからといってみんながOKというわけではないので、十分注意してください。

公開日: 

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑